コンピューターとIT

パーソナルコンピューターは個人向けの汎用的なコンピューターで歴史はかなり古いです。1974年に登場したマイクロプロセッサによって小型で低価格なコンピューターが作れるようになりました。

当時は8ビットのコンピューターでしたが、1980年代に16ビットのパソコンが登場して世界的な主流となりました。1990年代には32ビットになり、windowsが登場しました。windowsの登場がIT化を加速させました。1990年代中ごろにはインターネットが登場しました。2000年代になるとパソコンは据え置き型のデスクトップタイプだけではなく、持ち運びができるノートパソコンが主流になってきています。そして回線速度の高速化も伴ってインターネットが急激に普及することになりました。

2003年には初の64ビットパソコンが登場しました。パソコンがどんどん個人に広まっていき、デジタルカメラやデジタルオーディオなどパソコンと接続することを想定された家電が出現しました。パソコンの低価格化や高性能化は毎年進化しています。2010年代になると主流がノートパソコンになり、さらに外に持ち運べるウルトラブックやタブレット端末が普及してきました。今ではほとんどの人がコンピューターを持っています。パソコンが無い世界は想像できないようになってきました。

今後も生活が豊かになっていくのにはコンピューターの進化が欠かせないものになるでしょう。そして、コンピューターを使う人もそれに合わせて進化をして行かなければなりません。正しいコンピューターの使い方を覚えましょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です